ニュースアラート登録
Tinderをより安全に ー 安全対策機能を導入
Tinderでは皆様に安心してサービスを楽しんでいただけるよう、業界最先端の緊急通報機能など、様々な安全対策のシステムを導入します。

Tinderは安全対策強化のため、最先端技術を駆使した新しい機能を導入いたします。セキュリティ対策アプリNoonlightとの連携はその一つで、オフラインでのメンバーのサポートと緊急通報サービスへの接続を可能にします。また、自分で撮影した写真を送信し、プロフィール写真と比較して、本人かどうか判断する「写真認証システム」を導入します。これにより、自身のプロフィールが信頼できるものであることを証明でき、また相手のプロフィールの信憑性も確かめることができるようになります。さらに、アプリ内に簡単な操作でいつでもアクセスできる「セーフティーセンター」を設置予定です。それぞれの機能は、一部の地域から順次導入を開始いたします。

他にも、Tinderでは攻撃的なメッセージや不適切なメッセージを検知する機能を、一部地域のメンバーに向けて提供を開始します。「このメッセージは悪質ですか?」のメッセージは機械学習をメインに、Tinderコミュニティのメンバーの協力を取り入れて実現しました。マッチ相手から不適切と思われるメッセージを受け取った場合、「このメッセージは悪質ですか?」とウィンドウが表示され、メンバーが「はい」と答えると、その相手の言動、行いについて通報することができます。同様の技術が、今後リリース予定の「取り消し」ボタンにも採用されています。メンバーが不適切な内容と思われるメッセージを作成した場合、送信前に取り消すかどうかを確認する機能です。

 

Tinder CEO エリー・セイドマン

「Tinderは今や数百万人のメンバーを抱えていますが、皆様の信頼に支えられながら、毎日新しい出会いを提供しています。私たちはお客様に革新的な安全対策を提供したいと考え、業界トップクラスの技術を採用し、メンバーのニーズに応える機能を構築しています。このような新たな安全対策機能の導入を発表でき、とても嬉しく思っています。Tinderは今後、これまで以上の規模で安全対策に取り組んでいきます。今回のアップデートは、大切な一歩となるでしょう。」

 

  • Noonlight機能

メンバーは、Noonlightのタイムライン機能を使って、マッチした相手とオフラインで会う際に、相手の名前、場所、日時などをNoonlightと共有できます。さらに危険を感じた時やサポートが必要な場合は、Noonlightアプリを使って、他人に悟られないように緊急通報サービスを利用することが可能です。本機能はアメリカでの導入が始まっています。

Noonlight 共同設立者兼CCO ブリタニー・ルコント

「周囲に誰もいない場合や誰かと初めて会う時、あなたのそばにはNoonlightがついています。Tinderと連携して、マッチ相手と会うメンバーをリアルタイムでサポートし、悪質な相手に遭遇する機会を減らして、より安心してマッチ相手と会えるようにします。今回の連携は付加セキュリティ対策としては業界初であり、相手とのコミュニケーションがアプリからオフラインに移行した後も含めた一連の安全確保を目的としています。」

 

  • 写真認証システム

自分の写真を撮って送信すると、TinderのスタッフがAI技術を活用してプロフィール写真と比較し、同一人物であるかどうかを判断します。この機能によって、自分のプロフィール写真が本人であるという証明ができるようになります。確認済みのプロフィールには青いチェックマークが表示され、相手が本人であることも一目で分かります。この機能は現在、一部の地域で試験運用中ですが、2020年には地域を拡大して提供予定です。

 
  • セーフティーセンター

アプリ内に新しいセクション、「セーフティーセンター」を設置予定です。本記事で取り上げている新しい機能の紹介の他、安全対策ツールにも簡単にアクセスできるようになります。Match Group諮問委員会の協力を得て開発されたこのセクションは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツの各地域で間もなく提供を開始する予定です。その他の地域についても年内に機能のローカライズを進めていきます。今後は、セーフティーセンターのコンテンツをメンバーに合わせてパーソナライズし、最適なサービスを提供することを目指していきます。

これらの機能は、今後Match Groupが運営する他のマッチングアプリでも提供を開始する予定です。詳しくはMatch Groupのプレスリリースをご覧ください。

  

Noonlightについて

Noonlightは高度な技術で安全や安心を提供し、人々が不安に縛られることなく生活できることを目指しています。2013年にモバイルアプリケーションとしてのサービス開始以来、Noonlightはコネクティッドセーフティ・プラットフォームとして成長を続けてきました。独自のAPIを開発することで様々な製品やサービスと提携し、お客様に安全対策や緊急応答機能を付加サービスとして提供している点が特徴です。Noonlightの技術はアメリカ合衆国全土で利用でき、電話による緊急通報や、口頭やメールでの説明を介さず、いつでも迅速に助けを求めることができます。詳しくは www.noonlight.com をご覧ください。